法人概要

決算/事業報告

HOME >> 法人概要(阪神共同福祉会とは)

阪神共同福祉会は すべての人の命を大切にし 地域福祉の担い手となる



阪神医療生活協同組合を中心とした、地域環境改善運動がスタート。
1970年、尼崎市小中島地域で最初の住民署名運動により、
7項目の要求書(1,177人署名)を尼崎市長に提出。
公共下水道や公園の新設とともに、“産休明けから預けられる公立保育所設置”を掲げる。
翌1971年市長が直接小中島に赴いて、地域住民との懇談会を開催。
0歳児保育は公立で行う計画がないとの回答とともに、民間法人で行うならと市有地利用の
提案があり着手。法人の命名にあたっては、保育を地域住民の営みとして行うことを理念に掲げ、
「共同」の名にそれを託しました。

法 人 名 社会福祉法人 阪神共同福祉会

法人認可 1988年3月25日

法人登記 1988年4月12日

役員等の状況(理事6名・監事3名・評議員7名)

理事長 中村 大蔵
業務執行理事 河合 恵子
業務執行理事 山口 ひろみ
理 事 市榮 香代子
理 事 原田 旬哉
理 事 多次 政稀
監 事 西山 恭子
監 事 岩下 寛
監 事 大龍 昭順
評議員 岡田 澄江
評議員 徳田 道子
評議員 佐野 一成
評議員 北 かおる
評議員 松村 史邦
評議員 川本 ミハル
評議員 森 一夫


職 員 数 約150名


<事業内容>
■第1種社会福祉事業
 ・特別養護老人ホーム         

■第2種社会福祉事業
 ・保育所
 ・一時預かり事業
 ・老人デイサービス事業
 ・老人短期入所事業
 ・障害者福祉サービス事業
 ・老人居宅介護等事業
 ・移動支援事業 
 ・老人デイサービスセンター
 ・小規模多機能型居宅介護事業

■公益事業
 ・居宅介護支援事業
 ・尼崎市「園田南」地域包括支援センター
 ・生活援助員派遣事業
 ・グループハウス尼崎